ソフトウェア分散配信機能で解決できること

業務を止めないスムーズなパッチ配信・機能アップデートを可能に

MCoreでは、シェア型プル式のソフトウェア配信機構(P2P配信)を開発しました。これは、Windows 10/11などのファイルサイズが大きいセキュリティパッチや、機能アップデート(Feature Update)を、業務に影響なくスムーズに配信・適用するための機能です。

中継サーバを使用することなく、ネットワークに優しく、短期間で効率良く、簡単に配信できます。ネットワーク負荷の低減と運用コストの低減を両立します。

ソフトウェア分散配信機能の使い方

MCoreのソフトウェア配信機能の使い方について紹介します。

分散配信の基本設定

サイズが大きいファイルを細かく分散して配信できます。配信されたファイルは一定期間PC内にキャッシュされ、周辺のPCへ提供されます。キャッシュを保存する日数も指定可能です。エンドツーエンドのダウンロードは1対1に制限されるため、配信元のPCが高負荷になる心配はありません。

分散配信の基本設定画面

ダウンロード時の通信量の自動調整

ダウンロード時に使用する帯域は、エンドツーエンドでの回線実効帯域(空き帯域)に対する相対的な%指定で制限します。従って、回線の太い/細い、混んでいる/空いているに関係なく、単一の設定で常に自動調整しながら最適な配信を実現します。

ダウンロード時の通信量の自動調整画面

レジューム時やエラー時のスムーズな再開

レジューム時のダウンロードの再開や、エラー時のリカバリも分散した最小単位で行います。

たとえば一つのクライアントPCがパッチダウンロード途中で電源をOFFにしても、それまでにダウンロードしたデータは保持されます。そして、ダウンロードを再開した時には、同じセグメント内ですでにパッチのダウンロードを完了したクライアントPCから、続きのダウンロードができます。

ダウンロード先のPCを特定の1台に固定しないため、効率良く短期間で配信できます。

レジューム時やエラー時のスムーズな再開イメージ

サーバからのダウンロード設定

サーバからダウンロードする場合も、同時接続数を制限することができます。さらに、回線が細い拠点は中継PCを設定したり、サーバからダウンロードするPCを特定のPCに限定するなど、柔軟な設定が可能です。

サーバからのダウンロード設定画面

このページに関するセミナーも開催しています

IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」紹介ウェビナー
受付中
2024年7月9日 10:00-11:00
オンライン
MCore体験セミナー MCoreで実現するセキュリティ対策
受付中
定期開催
東京/大阪

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

具体的な導入のご相談はもちろん、簡単な製品紹介も承ります。お気軽にご相談ください。

担当者に製品の説明を聞く

資料請求

MCoreの詳しい製品情報や、活用事例をまとめた資料を無料でご覧いただけます。

製品資料を請求する

MCore体験セミナー

東京・大阪を中心に、MCoreを体験できるハンズオンセミナーを開催しています。

無料体験セミナーに申し込む

こんなページも読まれています