リモートデスクトップとは?

リモートデスクトップとは、離れたところにあるPCのデスクトップ画面をインターネット経由で、手元にあるPCで閲覧・遠隔操作できるようにする仕組みのことです。

たとえば、社員や顧客を相手にしたヘルプデスク業務に活用できます。また、リモートワーク中に、自宅のPCからオフィスにあるPCにアクセスして遠隔操作するのにも役立ちます。スマートフォンやタブレット端末などから、PCのデスクトップにアクセスできる場合もあります。

リモートデスクトップで実施した作業の履歴は、手元のPCには残りません。実際の処理が反映されるのはリモートデスクトップのみとなります。そのため、情報漏えいのリスクを低減しつつ、仕事に活用できます。

リモートデスクトップで解決できること

遠隔操作可能でリモートワークでもトラブルや相談に素早く対応

リモートデスクトップは、たとえば下記のような場面で役に立ちます。

  • 社員から寄せられた質問やトラブルに対応できる
  • 災害時などでも社内の情報にアクセスできる
  • リモートワーク時にオフィスのPCにある情報にアクセスする

特にMCoreは、コストを大幅に低減する機能、特にファイル転送やホワイトボード、録画機能などの機能が充実しています。なお、低速な回線や帯域が細い回線の先にあるPCもストレスなく操作できるので、リモートワークが盛んな職場でも安心です。

リモートデスクトップの使い方

MCoreのリモートデスクトップ機能の使い方を紹介します。

リモートデスクトップへの接続方法

MCore上で、PC情報の管理画面から対象のPCを選択するだけでリモートデスクトップへ接続できます。必要に応じて接続先のPCにメッセージを表示したり、接続承認を求めたりすることも可能です。

接続時は接続先のPCに接続中であることを表示する安心設計です。また、接続していることを隠す秘匿モードを選択することもでき、柔軟に活用いただけます。

リモート接続確認面

ヘルプデスク用の機能

接続先のPCの画面を共有して互いにマウスやキーボードを操作できます。社員からの問い合わせなどに対応する際にコミュニケーションを取りやすくする、便利な機能が満載です。たとえば、下記のようなものが活用いただけます。

  • ホワイトボード
  • レーザーポインター
  • ファイル転送機能
  • チャット機能
便利な機能

共有画面の解像度・色数設定

画面共有のレスポンスは軽快で、CADソフトなど高解像度を必要とする画面の操作もできます。また、共有する画面は細かく設定でき、スムーズな情報共有を可能にします。低速な回線や帯域が細い回線の先にあるPCに対しては、レスポンスを優先させて解像度や色数を落として接続できます。

制限設定

社外や制約のあるネットワーク上のPCへの接続

NAT/NAPTやファイアウォールなど制約を設けた企業内ネットワークや社外のインターネット上にあるPCにも、接続してリモート操作可能です(インターネット版をご利用の場合)。ただし、接続時に接続先PCの利用者の承認が必要になります。

IT資産管理エージェント

このページに関するセミナーも開催しています

IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」紹介ウェビナー
受付中
2024年7月9日 10:00-11:00
オンライン
MCore体験セミナー MCoreで実現するセキュリティ対策
受付中
定期開催
東京/大阪

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

具体的な導入のご相談はもちろん、簡単な製品紹介も承ります。お気軽にご相談ください。

担当者に製品の説明を聞く

資料請求

MCoreの詳しい製品情報や、活用事例をまとめた資料を無料でご覧いただけます。

製品資料を請求する

MCore体験セミナー

東京・大阪を中心に、MCoreを体験できるハンズオンセミナーを開催しています。

無料体験セミナーに申し込む

こんなページも読まれています