ソフトウェア資産の管理と運用を最適化する

ソフトウェア資産管理(SAM)とは、企業内のPCやサーバにインストールして利用しているソフトウェアやアプリケーションを適切に管理することです。どのPCでどのソフトウェアをどのライセンスで利用しているかを正確に管理することにより、ライセンス違反や可用性の欠如といったリスクの低減や不必要なライセンス投資を抑えるといったコストの低減を図ることができます。MCoreはソフトウェア資産を適正に管理するために必要な5つの台帳(ハードウェア管理台帳、ソフトウェア管理台帳、インストール管理台帳、ライセンス管理台帳、部材管理台帳)を備えており、企業のソフトウェア資産管理(SAM)を強力に支援します。

このページに関するセミナーも開催しています

IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」紹介ウェビナー
受付中
2024年7月9日 10:00-11:00
オンライン
MCore体験セミナー MCoreで実現するセキュリティ対策
受付中
定期開催
東京/大阪

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

具体的な導入のご相談はもちろん、簡単な製品紹介も承ります。お気軽にご相談ください。

担当者に製品の説明を聞く

資料請求

MCoreの詳しい製品情報や、活用事例をまとめた資料を無料でご覧いただけます。

製品資料を請求する

MCore体験セミナー

東京・大阪を中心に、MCoreを体験できるハンズオンセミナーを開催しています。

無料体験セミナーに申し込む

こんなページも読まれています