ウイルス対策ソフト管理とは?

マルウェアやスパイウェアなどのウイルスの感染が引き起こす情報漏えい事故は、企業にとって致命的な打撃となり得ます。

ウイルスの感染を防ぐために最も重要なのは、ウイルス対策ソフト(アンチウイルスソフト)の導入です。日々発生する新種のウイルスに対応して、ウイルス対策ソフトは頻繁に更新されます。しかし、更新されたパターンファイルが適用されず、ウイルス対策ソフトが適切に稼動していなければ依然PCは危険にさらされ続けます。

ウイルス対策ソフト管理は、ウイルス対策ソフトの稼動状況を監視する機能です。この機能を活用することで、ウイルス対策ソフトのバージョンやパターンファイルが常に最新の状態を維持できるように管理し、ウイルス対策ソフトを効率的に運用することが可能になります。

ウイルス対策ソフト管理で解決できること

ウイルス対策ソフトの稼動状態を監視して、常に最新のバージョンを維持

MCoreのウイルス対策ソフト管理は、Trellix、Trend Micro、Broadcom、BlackBerry、Microsoft Defenderのウイルス対策ソフト製品(コーポレート版)に対応しています。PCにインストールされているウイルス対策ソフトの情報(ソフトウェアやエンジン、パターンファイルのバージョン情報の他、バージョンアップ履歴や感染したウイルスの情報)を収集し、集中管理できます。また、未対応製品の場合でも製品名を収集することができます。

ウイルス対策ソフト管理で収集できる情報

  • アンチウイルスソフト名
  • ウイルスソフトバージョン
  • エンジンバージョン
  • パターンファイル
  • リアルタイムスキャン
  • 更新履歴
  • 検出ウイルス名
  • 検出日時
  • 感染ファイル名
  • 処置内容
操作ログポリシーの詳細画面

お客さまの声

業種:その他製造業/従業員規模:1,000人以上

ウイルス検知の情報を確認する事が出来る為、WannaCryが社内流入した際に流入状況を確認する事ができ、スムーズに対策を打つ事が出来た。

全て見る

業種:その他製造業/ 従業員規模:1,000人以上

ウイルス対策ソフトのパターンファイルの更新状況やWindowsUpdateの実施状況が確認出来る為、脆弱性のあるPCをチェックし、是正する事が出来た。

全て見る

業種:人材/従業員規模:1,000人以上

以前は緊急の時でも一斉メールで対応していましたがEmotetが猛威をふるったため、とうとう遠隔操作や通知までが届いた。正直、アクセス情報収拾や遠隔監視だけのソフトだと思っていたので想像以上に活躍してくれた。

全て見る

業種:ソフトウェア・SI/従業員規模:1,000人以上

ウイルス対策ソフトのバージョン、パッチの適用状況、禁止ソフトのインストール有無などのポリシーを設定できるため、セキュリティも向上した。

全て見る
※ITreviewより口コミを抜粋しています

このページに関するセミナーも開催しています

IT資産管理/セキュリティ管理統合システム「MCore」紹介ウェビナー
受付中
2024年7月9日 10:00-11:00
オンライン
MCore体験セミナー MCoreで実現するセキュリティ対策
受付中
定期開催
東京/大阪

簡単な製品説明や見積りのみご希望の場合も
気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

具体的な導入のご相談はもちろん、簡単な製品紹介も承ります。お気軽にご相談ください。

担当者に製品の説明を聞く

資料請求

MCoreの詳しい製品情報や、活用事例をまとめた資料を無料でご覧いただけます。

製品資料を請求する

MCore体験セミナー

東京・大阪を中心に、MCoreを体験できるハンズオンセミナーを開催しています。

無料体験セミナーに申し込む

こんなページも読まれています