住友電工情報システム
閉じる
ITトレンド上半期ランキング2021 超高速開発ツール 第1位 IT製品の比較・資料請求サイト「ITトレンド」で、2021年上半期最も支持された"超高速開発ツール"1位を獲得しました。
閉じる
ホーム > ローコード開発プラットフォーム 楽々Framework3 > 機能一覧 > 保守開発を効率化

保守フェーズで役立つ機能

仕様書出力

設計ツールRakStudioで作成した設計情報を、あらかじめユーザが定義したExcelに出力できます。
これらを、詳細仕様書として利用できます。
仕様書作成工数の削減と標準化を実現します。

設計ツールRakStudioではプログラムの設定情報として作成した画面の遷移図を自動で生成します。

遷移図イメージ

影響分析

保守開発時、RakStudio で修正対象項目の影響範囲の分析ができます。

  • 項目をプライマリキーに指定しているテーブル
  • 項目を使用しているテーブル
  • 項目を使用しているプログラム
  • 項目を使用しているJavaプログラム
情報共有ツールから業務システムまで、長期に安心して
利用できる部品組み立て型ローコード開発プラットフォーム
楽々Framework3
ページの先頭へ